プロの料理人を目指す

調理師専門学校は、将来は調理に関するあらゆる事項についてのプロフェッショナルを育てることや、ここで学ぶことの出来る調理全般の知識や技術を、様々な形で社会に役立たせることを目的としています。
そのため、手先があまり器用でない人や、普段からあまり料理をしない人、さらには料理をしたことすらない人などは、授業についていけるか不安に感じることでしょう。
その点に関して、特に初心者は授業についていくことが出来るか、事前に知っておくと良いことはあるのかなどを見ていきましょう。

料理初心者でも調理師専門学校の授業についていける?

料理初心者でも調理師専門学校の授業についていける? 結論からいってしまえば、基本的にはたとえ料理初心者でも授業についていくことは十分可能です。
ただし、調理師専門学校によっては、エリートの育成コースや、基本とは別に応用的な知識や技術を教えるコースなどもあるため、それらに限ってはある程度の知識や技術が必要となります。
ですが、そのようなコースに入学するにはある程度の力を持っているかを確かめる面接などの試験があるため、初心者が間違って入ることは無いでしょう。
調理師専門学校は初心者からある程度の力を持った人まで様々な人がいるわけですが、力の差は事前に学校側が把握しているため、それぞれに適切な授業の進め方がなされるので心配はいりません。
ただ、それでも不安を少しでも払拭したいのであれば、たとえば自宅でも出来る簡単な料理にチャレンジすることで、少しでも料理をする楽しみや難しさを体験しておくなどして前準備しておくと良いでしょう。

調理師専門学校の授業スピードが早いと感じたら…

調理師専門学校の授業スピードが早いと感じたら… 調理師専門学校は最短一年で卒業する事ができるため、一年間の間に集中して技術や知識を学ばなければいけません。そのため、授業スピードが早いと感じる方もいます。
しかし、サポートをしている調理師専門学校が多いため、その点は安心です。
まず、早いと感じた時は講師にその旨をしっかりと伝える事が大事です。資格取得の勉強などに関しても時間があれば指導してくれるケースも多いです。
なお、全ての学校ではないですが、自習室を使用する事も可能ですので、友人同士で意見交換をしながら復習をしたりする事ができる学校もあります。
また、資格取得のためのサポートもしっかりと行う学校が多く、先生が調理をしながら大事なところを話す動画を公開している学校もあります。
そのため、授業のスピードが早いと感じてしまっても、工夫する事でしっかりと学ぶ事ができます。
そして、一人でも学ぶ事ができる環境を整えている学校が多いです。最短一年の学習を考えている方は、学校選びが何よりも重要です。
おもしろいと感じる学校であれば、授業も楽しく、そして率先して復習や応用に取り組む時間を作る事が可能になります。
自分に合った学校を選ぶためには、オープンキャンパスなどには率先して参加する事が重要です。

調理師専門学校で必要となる学費と特待生度について

レストランや食堂・給食施設でお仕事をするには、必ず国家資格である調理師免許を手にしないといけません。
この免許を取るのに必要な勉強ができるところが調理師専門学校ですが、昨今では各地でたくさん点在するようになりました。
基本的には高校を卒業してから入学をするのですが、2年間の在学中に国家試験に必要なスキルを身に付けないといけません。
これから入学を考えているという方も大勢いらっしゃるでしょうが、簡単に調理師専門学校で必要となる学費について解説をしていきます。
必要なのは入学金・2年間の授業料、そして実習に必要な道具類などの費用ですトータルで約250万円が学費の相場です。
なおこのうち、入学金と授業料が免除となる特待生度を用意されている調理師専門学校も数多くあります。
この場合は卒業までに必要な費用は大幅に軽減ができますが、制度の対象となるには優秀な成績をおさめてから入学をなさる方に限定をされているのがポイントです。

調理師専門学校に入学できる年齢と在校期間

調理師専門学校というものをご存知でしょうか。
レストランや給食センターなどで働くには、必ず調理師免許を有していないといけません。
その免許を取るのに必要な知識と技術を身に付けられる学校です。
専門学校なので基本的には高校を卒業してから入学ができますが、なかには高校の教育要綱と並行してカリキュラムを用意している調理師専門学校もあります。
ここでは簡単に、調理師専門学校に入学できる年齢を見ていきましょう。先述した高校の教育要綱を用意しているところであれば、16歳から調理師を目指すことが可能です。
2021年現在、全国に109校の施設があります。調理師資格は18歳から取得可能となっているため、この学校に入学をすれば最短ルートで試験を受けられるわけです。
一般的な調理師専門学校の場合は19歳で入ることができ、2年間の在校期間を経て卒業・国家試験を受験することになります。
また、年齢制限はないので、何歳からでも入られるのが特徴です。

調理師専門学校を卒業したあとの進路と得られる資格

2000年以降、調理師専門学校に入学をなさる方が多くなりました。
この学校では各料理を作るプロとなる調理師を目指せるのが特徴で、その職業に注目が集まっているのが要因です。
調理師専門学校は基本的には職業訓練学校という側面があるため、必ず18歳以上でないと入学をすることができません。
2年間の在校期間を経て卒業となりますが、その後の進路はどのようなものがあるのか知りたいという方も大勢いらっしゃることでしょう。
簡単に紹介をすると、ホテルやレストラン、さらには食品加工会社などが挙げられます。
学校側で就職先を斡旋なさるのはもちろんのこと、ご自身で見つけることも可能です。
調理師専門学校では調理師免許の取得だけでなく、栄養士の資格を取得するスキルを身に付けることもできます。
この免許を手にされた場合の進路は、給食センターや病院・介護施設となります。
調理師専門学校では料理に関する現場に就職ができるのがポイントとなります。

調理師専門学校では様々な料理のジャンルが学べる

ホテルやレストランで働く場合、必ず調理師免許が必要です。
その免許を取得するためには、調理師専門学校で基礎スキルを鍛えるのが基本となります。
全国各地に数多くの調理師専門学校がありますが、ここで学べるカリキュラムは大変興味深いものとなっており、お料理が好きな方には魅力的な教育施設でしょう。
その魅力を簡単に紹介すると、数多くの料理のジャンルをマスターできる点です。
たとえば和食から中華・フレンチ・イタリアンなどの料理のジャンルがありますが、調理師はそれらを作るスキルを身に付けないといけません。
調理師専門学校では各ジャンルのプロを講師として招いており、バランスよくカリキュラムを受けることが可能です。
調理師専門学校では実際にキッチンに立って調理を進めていくため、さまざまなクッキングスキルを吸収できることでしょう。
それらを覚えていき、卒業時にその種類のプロになるのか決めて就職先を見つけることができます。

調理師専門学校の在籍する講師の特徴と習えるカリキュラム

給食センターやホテル、割烹料理店などでお仕事をするには、調理師免許を所持していることが必須条件となります。
これは国家資格に分類をされるため、受験をするには調理師専門学校を卒業しておかないといけません。
昨今は首都圏だけでなく全国各地に数多くの学校があるため、比較的入学がしやすい環境となりました。
それぞれ特色がある講義を実施していますが、入学の決め手となるのは、どのような講師が在籍をしているのかです。
簡単に調理師専門学校に在籍する講師の特徴を見ていきましょう。
料理と一言にいってもさまざまなジャンルで構成をされており、中華・和食・フレンチなどが挙げられます。
調理師専門学校では基本、あらゆる料理が作れるスキルを生徒が身に付けられるように配慮をされているところです。
そのため、これらの調理方法をカリキュラムで用意をしており、各ジャンルのプロが教鞭を握っているのが、調理師専門学校の特徴といえるわけです。

調理師専門学校では週5日で即戦力になる技術を学ぶ

調理師専門学校は、料理のプロを目指す学校です。
週5日、実践的な授業を行い卒業後には厨房で活躍できる基礎知識と技術を身につけることができます。
学校では、基本から応用まで幅広い内容を学んでいます。
調理法や食材の選定や盛り付けの仕方など、どれも実践向けの内容です。
また講師陣は経験豊富なプロの料理人たちであり、実践的なアドバイスやテクニックを提供してくれます。
学校では実習も充実しており、実際の厨房での調理経験を積むことができます。
週に5日実習を行うことによって、生徒たちは本物の料理の現場で学びながら、実力を高めることが可能です。
卒業後にはレストランやホテル、カフェなどさまざまな場所で活躍することができます。
一生モノの技術と知識を身につけることで、自宅での料理や家族のためのおもてなしにも活かすことができます。
調理師専門学校は将来プロになりたい方にとって、最適な環境です。
週に5日、実際的な授業を通じて、基礎から応用まで学び、自身の腕を磨くことができます。

調理師専門学校卒業後の就職先は多岐にわたる

調理師専門学校を卒業した後の就職先で代表的なものは、レストランなどの飲食店です。
日本料理や中華料理、フレンチ、イタリアンなど分野はさまざまです。
「和食を極めたい」「本場に負けないフレンチを目指したい」など料理に対するこだわりの強い人は、飲食店がおすすめです。
大手チェーンから個人経営のお店まで、経営形態も数多くあるので、自分に合う働き方を見つけましょう。
将来自分のお店を持つという夢がある場合、ホテルなど規模の大きな所で腕を磨く人も少なくありません。
就職先は飲食店にとどまりません。
ホテルや旅館、入院病棟のある病院や老人ホームなどの介護施設、保育園、給食センターなど、調理が必要とされるさまざまな現場が対象となります。
ホテルでは、ホテル内のレストランで提供するランチやディナーの調理の他に、結婚式などのイベントで提供する食事やスイーツ製造なども行います。
旅館の場合は、通常の食事だけでなく、宴会用の食事の調理なども主な業務になるでしょう。
病院も数多くの調理師が活躍する就職先となります。
病院では管理栄養士や栄養士が作成したレシピに沿って、それぞれの入院患者に合った料理を作ることになります。
ゆくゆくは調理師専門学校や料理教室の講師など、教育分野を就職先として目指すこともできます。
調理師として現場で習得したスキルをもとに、生徒を指導します。

お店開業の近道!調理師専門学校に進学しよう

最近は国内では、空前のグルメブームが巻き起こっています。
外食産業が経済を支える決め手にもなっており、今から開業をしようと考えている方も少なくありません。
そこでここでは、どうしたらいち早く経営を成功させられるのかをご紹介しましょう。
まず腕のいいシェフを雇用することが重要な決め手になるわけです。
通常は募集をして雇えばいいのですが、もっといい方法はご自身で調理をするということではないでしょうか。
美味しい料理を好みの味付けで出すことで、愛着も沸くのはいうまでもありません。
その際は調理師専門学校に進学をして、しっかりとスキルを身につけることが重要となるわけです。
調理師専門学校は基本的には年齢制限がないので、何歳になっても進学をすることができます。
既に社会人となっている場合は、平日の昼はお仕事があるので通学がし難いですが、夜間のコースがある調理師専門学校にいくことで打開が可能になっているということです。

調理師専門学校には社会人生活をしている生徒もいる

専門学校と聞くと、高校を卒業した人が通うものだとイメージする人も多いと思います。
実際に、専門学校のメイン層はその辺りの年代の人たちです。
しかし、高校を卒業した人だけではなく、社会人で専門学校に通っている人もいます。
特に調理師専門学校は、調理師免許を取得しようという社会人が多く通っています。
昼に授業が行われる調理師専門学校はそうでもありませんが、夜に授業を行う学校は仕事を終わりの人たちが多いです。
仕事をしながらこのような学校に通うメリットは、専門スキルを身につけられるというものです。
調理師専門学校はその名の通り、調理師になるための勉強ができる学校です。
調理師免許を取得できることもあるので、国家資格を取得することができます。
そのまま飲食店を開業したり、調理師免許を活かして飲食関係の仕事に転職することも可能です。
仕事をしながらでも卒業できるカリキュラムを用意してくれている学校もあるので、是非このような場所を選んでみてほしいと思います。

OBが多い調理師専門学校を選ぶメリットを知ろう

調理師専門学校を選ぶなら、OBの人脈が活かせる実績のあるところがおすすめです。
例えば、たくさんの卒業生が調理の分野で活躍しているのなら、就職の時にプラスに働くことがあります。
また、OBが後輩の指導に積極的なところであれば、社会で活躍する人材から直接指導を受けられるので、調理スキルを高めることも可能です。
調理師専門学校の実績を知りたいなら、パンフレットやホームページを見ると情報が手に入ります。
やはり、このような点は学校のアピールポイントになるため、これらの媒体で積極的に開示していることが多いです。
もちろん、学校の立地や設備などの環境面も重要ですが、それに加えて優秀な人材を多く輩出していることは、より将来の選択肢を広げることにも繋がるので考慮しておくべきことです。
長く業界で活躍したいなら、どこの調理師専門学校を出たのかが意外と重要になってきます。
したがって、何となくで選ぶのではなく、きちんと全体を見て選ぶことをおすすめします。

栄養士専門学校
新着情報

◎2023/12/15

情報を更新しました。
>調理師専門学校では週5日で即戦力になる技術を学ぶ
>調理師専門学校卒業後の就職先は多岐にわたる
>お店開業の近道!調理師専門学校に進学しよう
>調理師専門学校には社会人生活をしている生徒もいる
>OBが多い調理師専門学校を選ぶメリットを知ろう

◎2022/4/22

情報を更新しました。
>調理師専門学校で必要となる学費と特待生度について
>調理師専門学校に入学できる年齢と在校期間
>調理師専門学校を卒業したあとの進路と得られる資格
>調理師専門学校では様々な料理のジャンルが学べる
>調理師専門学校の在籍する講師の特徴と習えるカリキュラム

◎2018/10/10

調理師専門学校の男女比
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

調理師専門学校へ進学しよう
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

調理師免許を活かせる就職先
の情報を更新しました。

◎2017/11/8

食品技術管理専門士
の情報を更新しました。

◎2017/9/1

調理師免許が役立つ場面
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました

「専門学校」
に関連するツイート
Twitter

自分が貧困になる状態と向き合うのは不可能なので、仕事しないでフリーターとかは100無理で、でも正直絵のスキルは上げたい気持ちはあって、専門学校とか行ってみたい気持ちはあるのだ

返信先:俺もなんであるか分からん授業を受けないために専門学校に行ったはず…なんだけどなぁ😭 頼むから週に1回の英語の授業になんの効果があるのかだけ教えて欲しいよ😭

専門学校の友人と飲みに行ってきた🍺 もうさっ、夜の街最高やったです😍 ありがとうー旦那よー!でね子供の学費の話になり、双子ママからまぢでお金かかるから子が小さいうちに貯めときっ!て念押された💰友達の双子2人とも大学進学予定らしく、しかも他県だから死ぬほど💰かかると嘆いてたわ。。

東京都豊島区南大塚1丁目で住宅火災、専門学校など4棟焼ける火事 1人死亡

東京都豊島区南大塚 火元2階建ての一軒家 火は隣接する専門学校などに燃え移り、 4棟190平方メートルほどが焼ける (20日午前1時30分ごろ) 【日テレNEWS】2024年5月20日 10:16 住宅街で火事 1人死亡 東京・豊島区